ランディングページで自社のサービスを訴求する

ランディングページは、即効的な売り上げや会員獲得をめざすためのページです。ホームページでは、会社概要や取扱い商品、販売拠点などを説明する場合が多いですが、ランディングページでは、すぐに消費者が欲する商品の情報を理解でき、注文をしてもらえる構成になっています。消費者は、商品を購入する前に、しっかりと商品情報などをネットを利用して、把握している場合が多いです。検索した結果で、広告枠があれば、すぐに注文をしてもらえるような構成になっているのです。

消費者に購入を促すためには、商品の魅力を訴求できるようなデザインや構成でなければなりません。通常、ランディングページは1ページで構成されることが多く、縦のスクロールを利用すれば、全ての情報を把握することができます。ただし、気をつけなくてはならいことは、企業が売りたいという意識のもとで、ランディングページを作成していることです。押し売りのような印象を消費者に与えてしまっては、拡販をすることはできません。消費者の要望を満たす内容が必要なのです。

自社のサービスを訴えたい場合には、すぐに購入してもらうのではなく、サンプル品を無料で提供する方法もあります。お客さんにとっては、無料という意味で、すぐに個人情報を登録します。登録をしてもらった企業は、その後、メールを送信したり、ダイレクトメールなどを送付することになります。興味があって、個人情報を入力したのですから、どのような通知があっても、自己責の任ということになります。ただ、注意しなければならないことは、サービス内容に不信感を抱くようではダメだということです。

LPの制作から運用まで、実績のある業者を利用すれば良いのですが、ランディングページを作成するだけで、その後の広告宣伝の効果を把握して、より良いランディングページを作る意識のある業者でなければ、安心して依頼することはできません。ランディングページなど、一日で制作することも可能です。しかし、ピントのずれたページでは、誰も興味を持たないのです。利用者を増やそうと思っていても、逆にランディングページの見栄えで、購入を控えることもあるのです。1ページで自社の商品をアピールすることが可能ですが、逆に、短いページをみて、購入意欲が薄れる場合もあります。広告宣伝で効果を上げようと思うならば、リスティング広告を活用し、自社のページを見て、注文してもらうことを考えるべきです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク