ランディングページは出来るだけシンプルにすべし

ランディングページを制作する時には出来るだけシンプルに制作するのがベストです。よく失敗するのがランディングページになんでもかんでも詰め込んでしまってややこしくなったことで、訪問者の関心を無くさせてしまうということがあります。ランディングページは訪問者が最も最初に見るところなので、ここで訪問者にアピールしようとする気持ちが強すぎてかえってよくないことになっているということが良くあります。

ランディングページ運用のポイントは初めての訪問者が興味を持つようなものにするということです。初めての訪問者ということは、そのサイトについて何の知識もない人が見るということですから、ここでいろいろと詰め込んでしまっては却ってよくない印象を与えかねません。ランディングページはシンプルで見やすいことを強調するのがベストです。そうすることで、サイトに対する印象も良くなっていきます。誰しも最初から難しいことを見たりするのは嫌です。詰め込み過ぎのページは情報量としては多いかもしれませんが、それでは逆に訪問者の興をそぐことになりかねません。興味のある人はサイトのページの奥に誘導するようにするのが基本です。そこで深い話をすればいいのです。

わかりやすい例でいうと、ランディングページは展示会などのポスターのようなものだと考えるといいでしょう。ここで全てのことを表現する必要はありません。展示会に興味がある人に対して日時や場所が伝わるようなものであればいいわけです。また、展示会に興味がないような人には、まずは興味を持ってもらうということを考えて作られています。そのため、活字のようなものはかなりわずかになっているはずです。メインは絵や写真などを使ってその展示会がどういうものなのかがイメージとして伝わるようなものとなっていることが多いでしょう。場合によってはデザインのようなもので、全然展示会で展示されているようなものとは違う場合もあります。これは、印象に残ることを狙っているもので、ポスターで展示会の全てを説明しようとしているわけではないから、こうしたことになっています。

ランディングページも同じです。まずはこのページでサイトへの訪問者の興味を引くことを最優先で考えます。となれば印象的な絵やデザインというのが最も大切になることが分かるでしょう。当然その絵もシンプルなものとなってくるはずです。ごちゃごちゃとさせるとあまり印象に残らないからです。即ちシンプルイズベストです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク