集客した顧客を逃さないランディングページ

ランディングページは、様々な方法で集客したみなし顧客を、目的のページに導くための大切な役割を担います。ランディングページが直接集客するわけではありませんが、その役割は大きいと言えます。ページの構成は顧客の求めるものを、いかに満たすかを考えてつくる必要があります。自らの主張だけを述べ、顧客が求めているものを記載していなければ、顧客は競合に移っていってしまいます。場合によっては、顧客の真の目的が、自社の直接の収益とは関係のない場合もあります。しかしその場合でも、顧客の真の要求から離れることは危険です。ランディングページの運用では、顧客を競合に移行させないことが何よりも重要となります。顧客の要求を第一に満たした上で、自社の利益に誘導するのが、本来のやり方です。

ランディングページ運用のコツは、顧客が真に求めるものを掲載することです。顧客の求めるものをつかむのは簡単ではありません。検索のキーワードが、そのまま真の顧客の要求となるわけではありません。顧客は真の要求をそのままキーワードとして検索するとは限りません。検索キーワードと顧客の要求とのかい離は、分析と推測によりうめることができます。検索キーワードは単一に使われることは少なく、通常は二つか三つのキーワードが同時に使われます。検索キーワードの組み合わせからも。顧客の真の要求をつかむことが可能です。

ランディングページの目的を達成するための指標となるのがコンバージョン率です。サイトを訪れたみなし顧客が、商品購買や登録、見積もりの請求など、収益につながる行動をとる率は、短期的にはページ作成の目標となります。しかし、単にコンバージョン率の向上だけを狙ったのでは、良いページとは言えません。コンバージョン率は、顧客の真の要求を満たさなくても向上させることができます。しかし、顧客と真の要求と離れた方法によりコンバージョン率を上げても、顧客はすぐに離れてしまいます。ランディングページの運用では顧客の真の要求をつかんで、それを満たすことがコツとなります。ランディングページは顧客に伝えたい情報が網羅的に含まれている必要があります。特に、ファーストビューにおいて、いかに顧客の心をつかむかが成否を分けます。それだけ、ファーストビューは大切で、そこに全てのリソースをつぎ込むことが求められます。ランディングページは、もはや企業の顔として、顧客にアピールするものでなければなりません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク