ランディングページにもコンテンツseoが重要

検索ワードに連動した広告です。
ポータルサイトを利用して、商品やサービスなどの情報を検索する人は多くいます。
最近ではパソコンだけでなく、スマートフォンなどを利用して、出先にいる時に商品やサービスを検索出来る便利な時代です。
検索結果には検索時に入力したキーワードに関連したウェブサイトの一蘭が表示されるので、上位に表示されているものをクリックして商品購入やサービスの利用を始める人が多くいます。
上位表示はseo対策を行う事で他社よりも上の行に自らのウェブサイトへのリンクが表示されるようになるので、競合する会社が多い業種などの場合は、他社よりも上位表示を狙いたいと考える企業担当者は多いと言えましょう。
尚、検索結果ページに表示が行われるのはウェブサイトへのリンクだけでなく、広告ページのリンクも表示が行われるケースが多くあります。
検索ワードに関係性が高い広告ページのリンクになる事からも、リスティング広告と呼んでいます。
リスティング広告をクリックした時に、画面に最初に表示されるのがランディングページと呼ぶウェブページです。

リスティング広告をクリックして表示されるウェブページ。
ランディングページは長手のページになっているケースが多くありますが、ウェブサイトなどのようにメニューやサイト内リンクなどが設けられていない、広告チラシのようなウェブページです。
長手になっているので、スクロールしながらページ内を閲覧する、ページ内に設けられている商品購入ボタンをクリックすれば、商品購入用のページが開くようになっています。
ランディングページはウェブサイトと同じようなseo対策が必要不可欠です。
ちなみに、ランディングページにおける最適化はLPOと呼ぶ対策になります。

ランディングページを営業ツールとして利用したい。
ランディングページは商品やサービスを専門に紹介するウェブページですが、営業ツールとして利用も可能です。
ランディングページ内に商品やサービスを利用してくれたユーザーからの評判などを掲載しておけば、ページに訪れたユーザーはどこが優れているものなのか、育毛剤などの場合はどのような人が利用して効果を得られるのかを知る事も出来ます。
コンテンツseoは、コンテンツを最適化する事、良質なコンテンツを持つウェブページを製作する、もしくは改善するなどの意味を持つもので、ランディングページやリスティング広告はseoと同じく調査を行った上での対策が必要になります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク