ランディングページ作成のスクールで学ぶこと

通販サイトなどを運用しているのであれば、申込などにつながるランディングページの作成が重要な課題になります。その技術を学ぶためにスクールに通うことも効果的ですが、どのような内容となるのかを理解しておくことも大切です。まずサイトに集客したユーザーがランディングページにたどり着いても、すぐに離脱してしまうケースが多く見られます。これは直帰率として算出されますが、スクールではその原因を提示しています。まずランディングページで用意している商品やサービスに興味を示さないユーザーを集客しても、意味がないということが挙げられます。これはSEO対策が適切に行われていないことが原因です。まず最初にどのようなキーワードを選定してSEO対策を行うかが重要というわけです。

さらにランディングページを最適化するLPOは、コンバージョン率を高めることが求められます。これは商品やサービスに関する資料請求や購入につながる割合のことですが、訪問したユーザーが実際にアクションを起こすためにどんな工夫が必要なのかを検討することになります。まずサイトで提供する情報を必要とするユーザーに合わせて、どのようなコンテンツを用意すれば良いのかを考えることが必要です。ランディングページへ誘導する前に、訪問するユーザーが抱える潜在的な悩みや問題を解決することを目的とします。これは潜在的な需要を引き出すことにつながります。何かしらの情報を求めるユーザーは、その解決策はまだ分かっていません。そこでサイトで提供する商品やサービスがどのように役に立つのかをアピールすることが必要というわけです。

またスクールでは、LPOのためのデータ解析に関しても講義を行っています。例えば訪問したユーザーはサイト内をどのように閲覧するのか、そしてランディングページにどうたどり着くのかを解析できるようになります。その流れを掴むことで、必要な情報を十分に提供できているかどうかが分かります。十分にアピールできずに商品購入のページにたどり着いても、すぐには決断できないので改善が必要となります。このようにデータ分析とサイトの改善を繰り返すことによって、次第にコンバージョン率を向上させることができるわけです。このようなスキルを身に付けることによって、コンサルタントとして起業などのサイト運用を行えるようになります。コンテンツの制作やランディングページの運用を適切に行えるというわけです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク