ランディングページの作り方を書籍から学ぶ

最近は、インターネットでビジネスをする人が増えています。インターネットのビジネスも様々な形があり、どのやり方でビジネスを展開するかによってビジネスの成果とも異なってます。最近のビジネスの一般的な方向性としては、ランディングページを作りそこから商品を購入させるか、ランディングページでメールアドレスと名前を登録させて、メールマガジンが送られてくる仕組みになります。メールマガジンを送る場合、その全員がサービスを利用したり商品を購入するとは限りませんが、何もしないよりもサービスや商品を購入する人が多くなる傾向があります。

ランディングページを自分で作る場合、何もないとこから適当に作ってみてもほとんど成果は出ないと考えられます。初めてのランディングページ作成の場合には書籍を参考にしてみると良いでしょう。書籍にもいろいろな種類がありますので、まずは一冊から2冊購入してみて基本的なことを学ぶのもよいです。何冊か本を購入するとおおよそランディングページがどのようなものかを理解することができるようになります。ランディングページの内容や作り方を理解した場合には、さっそく作ってみることが重要になります。最初から100点満点のページを作ることはできませんので、完成度の高いものを目指すのはやめましょう。それより、実際に作ってみると自分の長所や短所がわかるようになります。

ランディングページの作り方の基本は、まず、導入から入ります。そして顧客がどのような点で問題を抱えているかを説明していく必要があるでしょう。この段階で、上手に説明することができれば、顧客も納得して読みつづけますが、顧客が共感できないような内容の場合だと、その後の文章を読んでくれない可能性があります。ただ、だからと言って全員から共感を得ることはできません。もし共感を得るにしても、特定の人だけに絞り込んだ方がよいです。つまりペルソナを決めてから問題点を指摘して来ましょう。問題点を指摘し、特定の人に共感することができれば解決策を提示していきます。当然解決策は、自分がこれから紹介する商品やサービスを利用することで、それを読んでいる人の問題を解決することができるとった流れにすることが重要です。全く解決策になっていないような流れでは意味がありません。最後には、特典などを付けると良いでしょう。特典があることで、多くの人が反応する可能性が高いからです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク