ランディングページをスマホ対応にするには

携帯電話や、PHSからスマートフォンに機種変更をする方が多くなってきている時代の中で、販売促進活動に欠かすことができないランディングページもスマホ対応にすることが必要不可欠となってきています。 早めにスマホ対応に切り替えた会社は、売上を大きく伸ばしている傾向にあります。ところが、未だにスマホ対応が行えていない会社は少なくありません。

スマホ向けのランディングページに盛り込む必要がある事柄は、原則としてパソコン向けのサイトと大きな違いはありません。ところが、パソコン向けのサイトとは異なり、スマートフォンは画面のサイズが小さいので、文章表現や、デザインなどをコンパクトになるように工夫する必要があります。ランディングページを対象となる商品や、サービスのを利用してもらうという目的だけに絞り込んで、売上に結びつかないリンクをできるだけ取り除く必要があります。実際に商品や、サービスを利用するためのページや、問い合わせをするためのページにリンクする以外のリンクがたくさんあると直帰率が高まってしまいます。スマートフォンを使ってランディングページを閲覧する場合は、指を使って画面をスクロールさせることになるためページの途中に必要ないリンクが張られていると間違ってタップしてしまうことになるので、閲覧している人がストレスや不便さを感じさせることになってしまいます。そして、スマートフォンで閲覧したときに、最も適している文字や、画像の大きさになるようにする必要があります。画面をいちいちピンチアウトして拡大しないと読んだり見たりすることができない文字や、画像の大きさだと、閲覧する人にとって不便です。結果的に直帰率を高めてしまうことになってしまいます。どれぐらいの大きさの文字や、画像が良いかについては、対象となる商品や、サービスを利用する人たちの年代などにより違ってきます。実際に対象となる商品や、サービスを利用している人や、近い年代の方たちにスマートフォン向けに作成したランディングページを閲覧してもらうのが良いで方法の1つとなります。文字や、画像の大きさに他にも、全体的なランディングページに対する意見や、アドバイスを伺うことによって、たくさんの改善点を見つけ出すことができるようになります。

これらのことは、どれもいずれもランディングページを閲覧する人の視点から考えれば、当然のことといえます。ランディングページの売上アップの効果を向上させていくために特別な方法はありません。どこまで細かい配慮がなされているかが大切になります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク