ランディングページ作成方法は成約率をいかに高めるかです

ランディングページは一つの商品やサービスを売る為の一枚の長いWEBページです。ランディングページを作成する時は誰でも思うことは売れない商品が売れるようになるようにしたいと考えています。成約率の高いページを作りたい、売れない商品やサービスが売れるようにしたい、商品やサービスのセイルスポイントやターゲットを明確にしたたいと思い業者に依頼します。これらの要求を叶えてくれる業者を探して目標を達成するには実績があり、ネット広告の運営提案をしてくれる業者を探し出すことが重要です。

限られた広告予算で成約率を獲得するには成約率をいかに高めるかその一点に焦点を当てることが重要です。最も費用対効果の高い方法と言えるでしょう。見やすいLPデザインはその制作方法は、顧客分析や競合分析、自社の分析から始まります。顧客分析は顧客のニーズを知ることが目的で、ターゲットを決めることです、ターゲットを決めないとピンポイントで顧客にアピールできません。そして最初に商品やサービスが必要と感じたきっかけ、キーワードを検索、実際にランディングページに到達するストーリーをイメージします。ストーリーの流れを全体的に把握しておくことが作成方法の中で心理や行動に伴った共感を生むセールストークを作りやすくします。

競合店分析は自然検索結果とるリスティング広告の両方を調査します。競合ライティングページのチェックは検索結果1ページ目に表示された競合ライティングページを開き分析をします。また自社の分析の目的は、競合分析の結果を踏まえて競合と自社とを比較して自社が打つべき対策を考えることです。競合が強い部分は相殺できるレベルまで引き揚げ、競合が弱い部分は確実の勝てるレベルに持っていく、確実に負けないライティングページを作る為の材料を集めます。競合の訴求が強くて自社では勝てそうもない時無理に勝とうとせずに相打ちを狙いで埋めます。相打ちにもならない場合はその部分を諦めて全く新しい項目で、競合が訴求出来ない項目で自社が勝てるように訴求をするようにします。自社の訴求ポイントは、バランスの良く訴求ポイントが配置されているようにしましょう。狙い定めたターゲットに対して、競合よりも優位性の高いセールスポイント訴求することが顧客・競合・自社分析の目的になります。作成方法のポイントは成約率アップを図る為には3つの分析を徹底的に行いランディングページ作成に生かすことが不可欠で
す。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク