スマホからランディングページを閲覧することが増えている

ランディングページを閲覧する人たちの中にスマホを利用してアクセスしてくる人たちが占める比率が多くなってきたというケースが増えてきています。ところが、スマホからの成約率がなかなか向上しないということが少なくありません。そうなってしまう理由の1つにスマホ向けのランディングページを、パソコン向けの延長として考えていることが挙げられます。

ランディングページは、ほとんどが検索エンジンでヒットして、そこから流れ込むことを期待して作られていますが、スマホで表示されるように最適化しておくことが大切になります。最適化が施されていないページに対して利用者は離脱してしまうことが多いためです。せっかく訪れてくれた利用者が離脱するのを防ぎ、成約という目的を達成するためには最適化しておくことが欠かせません。そして、利用者がランディングページを閲覧することによって得られるメリットを、最初にキャッチコピーで的確に伝える必要があります。インターネットを利用している人は、キャッチコピーの後に続くセールスコピーを読み進めるメリットがあるかどうかを素早く判断しています。画面をスクロールして読み進めないと読む価値があるかどうかが分からないということになってしまうと、ほとんどの人に最後まで読んでくれなくなってしまいます。そして、半分以上のインターネットの利用者がウェブサイトは3秒以内に開いて欲しいと感じています。3秒以内に開くためにはページのデータ容量は、およそ20キロバイト以内であることが望ましいとされています。そのため、ランディングページのデータ容量を20キロバイト以内に抑えると閲覧してもらいやすくなります。ランディングページにおいて1番大切なものは、行動を起こすように呼びかけることになります。中でもモバイル機器からアクセスされる場合は、必要なものや、気になることをその場で調べて検索エンジンを経由してウェブサイトにアクセスされることになります。ですので、ニーズがタイムリーでホットです。そのため、その場で電話窓口に繋げられるようにするなどモバイル機器だからこそ利便性が高い行動を起こしやすくするように誘導できる構成にしておくことが大切になります。

スマホの性能は向上し続けていますが、それでも機能上の制約は、まだあります。この制約について考慮しながらランディングページを作ることによって、成約率を向上させることができます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク