ランディングページの成果を高めるストーリー展開

ランディングページで大切なことは、閲覧している人を引き込んで商品や、サービスを利用してもらうことができるような魅力があることになります。
特定のキーワードを検索して表示された商品や、サービスの広告などをきっかけにランディングページに誘導された人は、そのキーワードに対してぼんやりとした目的をもっているものの、まだ目的が明確になっておらず、曖昧なままです。

そのため、ランディングページがクリックされた場合でも選択肢の1つとして挙げられただけの段階であるということができます。
ですので、その商品や、サービスの機能や、メリットを充分に伝えることが必要になります。
そうすることによって、理解がより一層深まって対象となる商品や、サービスを利用してもらえる可能性が高くなります。

逆にいうと、曖昧な目的しか持っていない人を誘導するものだからこそ、ランディングページで充分に説明をして、利用してもらえるように誘導するすることが必要になるという訳です。
営業業界では、心理学を活用したストーリーを構成する技術が普及しています。
そして、この技術はランディングページでも活用することが可能です。
AIDAの法則では、まずAIDAの最初のAにあたる注意を意味するAttentionとして、閲覧している人の注意を惹きつけます。

漠然とした問題を解決したいと考えている人にそんなものがあったのかと感じさせるような文章にするのが良い文章となります。
次に、AIDAのIにあたる興味を意味するInterestとして、興味を示してくれそうな、より一層詳しい説明を掲載していきます。
そして、AIDAのDにあたる欲求を意味するDesireとして、閲覧している人にとって、お得なことや、メリットを伝えていきます。

不便さを解消できたり、問題を解決できたりする理由を伝えるのも良い方法の1つとなります。
最後に、AIDAの最後のAにあたる行動を意味するActionとして、クロージングで最後に背中をひと押しします。
ランディングページを閲覧している人が迷うことなく対象となる商品や、サービスを利用する行動を起こせるような文
章を掲載します。

どうしてこの機会に利用することが必要なのかや、どうして今利用しないといけないのか、などといった内容です。
このように、AIDAの法則を利用したストーリーを展開することによってランディングページの成果を最大限に高めることができます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク