ランディングページをスマートフォンに対応させること

スマートフォンに対応したランディングページにとって必要となる構成や、要素は、パソコンに対応したランディングページと同様となります。ところが、スマートフォンの操作性や、画面の大きさに対応した工夫を施すことが必要となります。

ランディングページにおいてアクションボタンは1番大切なコンテンツの1つとなります。ランディングページの横幅のほとんどを占めるような目立つ色の大きいバナーを配置するのが良い方法であるということになります。ランディングページの背景色と、バナーの色合いが近いとバナーの存在が目立ちにくくなるため、反対色を利用してバナーの存在を目立たせるようにすると効果を高めることが期待できます。スマートフォンを利用してランディングページを閲覧するときには、Wi-Fiや、携帯電話の通信回線網などを通信に使うことがほとんどとなります。パソコンではウェブサイトを光回線などの高速な通信回線網を利用して閲覧することが、ほとんどですが、スマートフォンでウェブサイトを閲覧する場合は画面を表示させるためにデータを読み込むスピードが遅くなってしまうことがあります。ランディングページは大きいサイズの画像データがたくさんあり、縦に長くなっているので、どうしてもページのデータ容量が大きくなってしまいます。ですので、スマートフォンを使ってランディングページを閲覧しようとするとページをなかなか読み込むことができないということが起こってしまう可能性があります。ページを読み込もうとしているときに3秒以上かかってしまうと、40パーセント以上の利用者が、そのページから離れていてしまうという情報も存在します。画像データの容量を最も適している状態に調整して、縦に長過ぎるような形にならないように工夫を施す必要があります。

スマートフォンで情報を入力するのは、パソコンから立ち上げたウェブサイトに情報を入力するより手間がかかってしまいます。そのため、入力する方法や、画面の大きさが最も適しているフォームを作成する必要があります。入力する必要がある項目も必要最低限のものに限定して、利用する人に入力にかかる余計な手間を与えないようにする必要があります。備考欄や、アンケートなど、どうしても必要だとはいえない項目はできるだけ省略するのが良い方法の1つとなります。そして、それぞれ項目を入力する方法もラジオボタンや、プルダウンメニューなどを活用して、できるだけ手入力をしなくれも手続きが完了できるようにすると良いです。利用者の利便性を高める工夫をすることが重要となります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク