商品によってランディングページの構成は異なる

ランディングページは、自社の商品やサービスを利用してもらえる最も良い広告宣伝媒体です。テレビのコマーシャルを見ても、興味がない消費者がいることもありますし、そもそもコマーシャルなどを見ない消費者も多いです。テレビでは、見たい番組を効率的に見たいと思う消費者が多いです。最近では録画をして、余分な部分、つまり、コマーシャル部分を飛ばして、しかも2倍速などで見る人が多いです。つまり、テレビコマーシャルを見る人が少ないのです。

しかし、消費者自身が興味を持つような商品ならば、インターネットで検索をして、商品情報を理解することもしますし、十分な知識があれば、すぐに購入するはずです。最近の広告手段として、インターネットを利用した、ランディングページを活用するケースが多いです。ランディングページは、ホームページとは異なり、ある程度の商品やサービス内容を知った人が訪れるページです。一般的には、リスティング広告を利用して、消費者の購買意欲を高める手法です。消費者は利用したい、購入したい商品があれば、ネットで検索をします。検索結果は膨大ですが、検索結果の最初のページに表示されるのは、企業の広告ページです。明らかに広告をしているということがわかるので、商品に興味のない人は、全く興味を示すことはありませんが、興味を持ち、すぐにでも利用したいと思う消費者は、すぐに広告枠をクリックして、購入しようと思うのです。

企業にとっては、すぐに売上に繋がりますので、効果の高い広告宣伝媒体ということができます。マスメディアで広告宣伝するのではなく、利用者が、自分自身の考え方で、アクセスしてくれるので、売上や会員数獲得のためには、最適な方法なのです。ランディングページは、売上などの実績を要求するためのページなので、売上に直結するようなページを用意する必要があります。1ページで、何を訴求したいのかということ、注文できるページにしなければならないので、作成をする立場の人にとっては、とても難しいです。

LP制作に強い会社では、デザイン、配置、色彩を考慮して、より良いサービスを訴求できるように対応してくれます。自社の製品をアピールするために、多くの情報をランディングページに凝縮しなければならないので、業者は、依頼主の企業の要望をしっかり聞かなくてはなりません。そして、何度も効果測定をして、より良いランディングページを作るように努力しなければなりません。依頼主の希望だけでなく、より良い広告宣伝方法を提案する必要があります。結構大変なことですし、センスが問われる仕事です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク