ランディングページの種類について

ランディングページは、最初に閲覧した人が着地するページを指します。ただし、これは広義の意味で、webマーケティングの世界で用いられるランディングページは、狭義の意味で用いられ、特定の商品を売るために用いられる一枚の縦長のサイトを指します。様々な種類の業種に活用されていますが、通販化粧品や健康食品、マンションの見学会の予約、などのサイトで用いられています。直接のアクションを期待することができるのがランディングページの特徴であるため、様々な種類の業種で行かせるために広く用いられるわけです。縦長のサイトになっている理由は、情報を伝えきることができるのと、一つのページで読み進めて完結させることができ、他のページに逃げることが無くなるからです。そのため、リンクも通常は貼られることがなく、申し込みや問い合わせができるリンクが貼られる程度であるのが特徴です。

全体の構成も、消費者目線で興味を持ってもらえる作りになります。最初に商品を利用すればどういった結果を得られるのかを提示して、それを掘り進めていく形で展開される傾向にあります。単に結果を示していたとしても、それが根拠のない物ならば購入しようとは思ってもらえません。そのため、科学的に分析されたデータや、利用者の声など、それを裏付ける情報を提示して、信用してもらうようにします。そして、最後もいま購入するとお得であるアピールをして、アクションを期待することになります。キャンペーン価格などと組み合わせると、短期間での売り上げ、囲い込みをしやすくなるため、用いられることが多いです。

ランディングページを作るにあたって、制作会社を活用する手段もあります。こちらは、ホームページの制作を代行しているので、きっちりとしたサイトを作ってもらうことができます。自分で作るとなると、ノウハウがないためにしっかりとしたサイトを作るのは難しいですが、制作会社を利用すれば、しっかりとした効果をあげられるランディングページを作ることが可能です。LP制作会社の選び方は正解があるわけではありませんが、できれば実績のある会社を利用したいところです。実績があれば、データが蓄積されていますから、売りたい商品に最も最適な構成を考えてくれますし、文章の作成もうまくターゲットの心をつかむものを作ってもらうことができます。LP制作会社のホームページでは具体的な実績が記されていますから、参考にしてみましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク