ランディングページでは配色を考えることも重要

実績ナンバーワンのLP制作業者のランディングページを見ますと、とてもイメージの良いデザインと色使いをしています。人は、視覚から得られる情報を最も大切にします。ページを開いて、共感できる色使いでなければ、内容をしっかり確認しようとも思いませんし、当然、コンバージョン率を高めることはできません。

ランディングページでの色使いを考える上で、重要なことは、それぞれの企業によってイメージカラーがあるということです。例えば、衣料品などであればカラフルさであり、工業系の企業では、メタリック調といった具合です。企業イメージとランディングページのカラーに乖離がありますと、消費者は違和感を覚えてしまいます。企業イメージだけでなく、新商品についてもイメージカラーがあるはずです。飲料などのボトルの色とランディングページの色が一致していなければ、全く訴求力がないページとなってしまいます。

また、派手にガチャガチャと様々なカラーリングのページも決して良い印象は持たれません。逆に、モノトーンであれば、落ち着いたイメージを持たれ、安心感が生まれるはずです。ランディングページは、商品をネット販売するなど、実績を上げることを目的としていますので、消費者が気持ちよくページを眺めて、納得した上ですぐに、購入手続をしてもらうようにすべきです。最も大切なのは、ファーストページです。ファーストページとは、サイトを開いた際に、表示されるページの一番上の部分です。一言でアピールできるキャッチコピーを考えること、魅力ある商品画像などを配置することなどが重要です。商品説明のためのテキストデータも必要ですが、文字ばかりですと、利用者が読む気になりませんので注意が必要です。そして、背景のカラーなどを考えなくてはなりません。商品外観と背景がセンス良い状態になっていませんと、商品のイメージが下がってしまいます。

また、販売する商品のターゲット層を考えることも必要です。男女、年代により、好まれる色は異なります。従って、ランディングページを作る際に、しっかりとデザインとカラーイメージを作りださなければなりません。人によってセンスは異なりますので、少々お金をかけてでも、消費者のカラーイメージを確認されるとよろしいです。ホームページは、会社の概要や、事業方針、組織、取扱い品目などを説明しているので、無難なカラーリングでも良いのですが、売上を上げるためのランディングページでは、ホームページ以上にカラーリングを考えなくてはなりません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク