歯科に関する効果的なランディングページの作り方

コスト面を考慮して、ランディングページをワードプレスなどで作成する店舗や事務所が増えていますが、思うような成果が上がっていないものも散見されます。特に歯科クリニックなどの医療系に共通して言えるのが、情報を詰め込み過ぎてしまい、結果、ホームページと変わらない内容となっていることです。ホームページは、一般的には「カタログ」的な役割を求められるものですから、より多くの情報が必要となりますが、ランディングページはその反対に、一つの製品やサービスに特化し深掘りすることが大切です。したがって、歯科クリニックが作成する場合には、対象となる年齢と治療方法を絞って制作することが重要になってきます。

さて、ランディングページの基本は、ユーザーの抱える悩みを共有し、このままにしておくと、さらに悩みが深くなることを警告し、それらを解決する手段として、最適な治療方法を提示する流れになります。例えば、インプラントをアピールする場合であれば、歯が欠損したままにしておくと、歯周病が悪化したり、噛み合わせが悪くなってしまうこと等の問題点を示し、改善策としてインプラントが最適であるとに説明を行う流れです。ただし、インプラントについては、治療費が高額であることや術後のケアについて疑問を持っている人が大勢いますから、こういった不安を払拭するために、院内設備の写真や歯科医師の経歴や写真、治療方針などを盛り込むことも大切です。

さらに、歯科クリニックのランディングページを作成するにあたって大切なことは外観です。清潔感にあふれていることはもちろん、優しい雰囲気の包まれたものでなければ、到底、来院してもらうことはできません。そこで、初めてランディングページを制作するために、プロの制作会社に依頼する歯科医も少なくありません。制作会社であれば、業種別にイケてるランディングページデザインを所有していますし、ランディングページに使用する写真についてもプロ仕様ですから、仕上がりも優れたものとなります。制作会社に依頼した場合には、そのコストが数十万円必要となりますが、最初に外注しておけば、その段階で成果が期待できますし、それ以降の修正は自前でも可能ですから初期投資としては割り切れば、高額とも言えません。いずれにせよ、歯科クリニックも数多く開院されていますから、他の医院に打ち勝つためにはスマートフォンやPCユーザーを意識して、ランディングページによる集客を強化することが効果的です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク