オンラインカジノで利益を得た場合の確定申告

もしオンラインカジノで利益を得ることができた場合、確定申告をしなければならないのでしょうか。もちろん金額次第で申告が必要か不要か変わってきますが、少なくとも一定金額を超える利益を得た場合には、税金を支払う義務が生じることになります。例えば日本国内でも、公営ギャンブルの払い戻しや、懸賞や賞金などで得たお金は一時所得となりますが、オンラインカジノの配当に関しても同じ扱いとなります。

したがって、年間で50万円以上の利益を得た場合には、確定申告をして納税をする必要があります。逆に、年間の利益が50万円に満たなければ申告をしなくても問題ありません。少ない金額でコツコツと遊んでいる人なら、納税義務が生じる可能性は低いでしょうが、それなりの金額を賭けて遊んでいる場合は、確定申告をしなければならない可能性も十分にあります。

【カジノ好き必見!】アプリをダウンロードして本格カジノゲームで遊ぼう!←こちらも確認

さて、オンラインカジノの利益に関する計算方法ですが、基本的には手に入れた配当から賭け金を差し引いた金額が利益となります。例えば、10万円使って20万円の配当を得た場合は、10万円の利益となります。ただ、ここで1つ注意しないといけないのが、損失分を利益から差し引くことはできないという点です。

例えば、前日に60万円勝ち、翌日に20万円負けた場合でも、60万円から20万円を差し引くことができないため、60万円の利益を得たということで確定申告をしなければいけないことになります。また、あくまでも一時所得であり事業として所得を得ているわけではないので、パソコンの通信費なども当然ながら経費として差し引くことは認められません。もしこれからオンラインカジノを始めるなら、税金や確定申告に関する基本部分だけでも知っておくようにしましょう。

カテゴリー: カジノ パーマリンク